引越し ドラム式洗濯機 水抜き

引越し時のドラム式洗濯機の水抜き方法について

引越し時のドラム式洗濯機の水抜き方法についてお勧め一括見積もりサービスはこちら

 

以前であれば洗濯機は縦型や二層式のものが一般的でしたが、
最近はもっぱらドラム式の洗濯機が人気を集めています。
ここではドラム式の洗濯機の引越し方法について紹介しましょう。

 

ドラム式洗濯機を引越しする際には水抜きと固定が必要になります。
その点をしっかりと覚えておくことをおすすめします。

 

大型化しているドラム式洗濯機

以前の洗濯機であればそれほど大型ではないものが多かったため、
運搬に手間取ることはありませんでした。
しかし最近のドラム式洗濯機は大型化して運搬自体が非常に大変で、
搬出、搬入の際に苦労するケースも多いです。
特にドラム式洗濯機は80キロ前後もありますので、
スリムタイプの冷蔵庫とそれほど重量に差がありません。

 

ドラム式の運搬方法

乾燥器付きのドラム式洗濯機の輸送は専門の業者が別で行うこともあります。

運搬時は洗濯層のドラム部分を固定する必要があります。

固定するためには専用の金具が必要であり、
固定用金具がない場合には故障に関して保証されないのです。
この固定ねじはメーカーが運搬時に必要であると付属させている部品になります。
紛失してしまった場合にはメーカーから取り寄せることになります。
なくさないで保管しておくようにしましょう。

 

引越し時のドラム式洗濯機の水抜き方法についてお勧め一括見積もりサービスはこちら

 

ドラム式洗濯機の取り外し、取り付けは専門業者に頼もう

ドラム式洗濯機を引越しする場合、取り外し工事、取り付け工事は
専門の工事業者に依頼するようにしましょう。

引越し作業員では取り付けはしません。
電気工事の資格や経験があるスタッフが行ってくれますので
引越し業者とは別の依頼になります。
引越しプランによってはドラム式洗濯機の取り外し、
取り付けがプランに含まれているものもあります。

 

ドラム式洗濯機の水抜きとは?

ドラム式洗濯機の水抜きは給水ホース、糸くずフィルター、排水ホースの順で行います。
ホースを外す順番も給水ホースから外していき、最後に排水ホースを外します。

順番を間違えないようにして下さい。
洗濯機を傾けて水抜きをしてしまうと洗濯機が故障してしまう可能性も
ありますのでくれぐれも注意が必要です。
洗濯機の水抜きをきちんとしておかなければ、
引越し運搬時に水が漏れ出る可能性があります。
水が漏れ出ると他の家電や家具を濡らしてしまう恐れもあるので非常に大変です。
ドラム式洗濯機の水抜きは冷蔵庫とは違い前日までにしなければいけないということはありません。

専門業者がすべてやってくれるケースもありますので確認してみましょう。

 

引越し時のドラム式洗濯機の水抜き方法についてお勧め一括見積もりランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

HOME’S 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

HOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず